白物家電を処分するには?お金になるかも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちわ!良品企画の森田です。

お引越しやお買い替えに伴って不用品を処分するとき、皆さんはどのような方法をとっていますか?古本やゲームなどはブックオフのようなところへ持っていけば買取、もしくは無料で引き取ってもらえることは皆さん知っているかと思います。最近ではエリア内であれば無料で出張買取や、宅配買取を行ってくれるところもありますね。

実は古本やゲーム以外にも、あなたのお家にあるものを捨てるのではなく、販売することで処分することができるんです。知っている人からすれば「よくつかってるし知ってるよ」となるところですが、意外とどうせゴミだろうと思っている人も多いです。もちろん再販が難しく、処分にはどうしてもお金がかかってしまう商材もありますが、ゴミとして捨てるしか無いと思っているものに値段がつくことも全く珍しくありません。

今回は処分の大変な冷蔵庫や洗濯機のようないわゆる白物家電を売るにはどうしたらいいのか?また、できるだけ高く売るにはどうしたら良いのか話していきたいと思います。

白物家電を捨てるには?


まずは捨てる方法についてです。それぞれメリットデメリットありますので、自分にあった方法を見つけましょう!

新しく購入する電器店に引き取ってもらう


冷蔵庫や洗濯機を買い換える場合、買い替え先の電器店で引き取ってもらうことが可能です。引き取りの際には収集費用、運搬費用、処分費用がかかります。金額はサイズによって多少前後しますが、だいたい1万円かからないくらいです。

メリット

・運搬など自分でやらなくてよいため楽

・動作状況を問わない。(故障しててもOK)

デメリット

・直近だと希望の日程通りにいかないことがある

・金額が割と高め

・買い替えのときにしか使えない

引越業者に引き取ってもらう


引越の際の処分の場合は引越業者に有料で引き取ってもらうことが可能です。引取金額は引越業者と相談の結果決まるため、かなり幅があります。引越業者は競合他社が多いためできるだけ見積もりはその日のうちに決めたいと思っていますので、交渉次第では引越金額と合わせてかなり安くすることも可能でしょう。繁忙期と閑散期で結構態度が違うので、繁忙期に強気に行くのはやめたほうが良いかもしれません。金額は5000から10000円位を目安に考えると良いでしょう。

メリット

・運搬などを自分で梁楽て良いため楽

・引っ越しと同時にできるため時間短縮になる

・動作状況を問わない。(故障しててもOK)

デメリット

・そこそこお金がかかる

・安くしようとすると交渉能力が必要

・引越し料金に含まれて詳細が不明瞭になりがち

・引越し時にしか使えない

指定処理場に自分で持っていく


郵便局で家電リサイクル券を購入して各自治体の指定の処理場に自分で持っていくことで処分ができます。家電リサイクル券の料金は商品のサイズや種類によって違いますが、冷蔵庫洗濯機であれば3500-5000円くらいになります。

メリット

・電器屋や引越業者に頼むより安い

・自分の好きなとき(平日であれば)に行ける

・動作状況を問わない。(故障しててもOK)

デメリット

・搬出や運搬が大変

・手続きが面倒

不用品回収業者に依頼する


不用品回収業者を利用することで上記の方法よりも安く済ませることができる場合もあり、場合によっては無料になる場合もあります。しかしながら一部の不用品回収業者には悪徳業者もいますので、しっかりと調べる必要があります。

例えば、無料なのは回収だけで出張費や運搬費と称して追加料金を請求されたり、元々出張費がかかると家まで来て、処分対象外商品と言われて出張費だけ請求されたりするケースもあります。また、格安料金で回収した商品を山に不法投棄している業者などもおり、その業者が逮捕された場合、依頼したあなたが知らなくても、あなた自身が法律に引っかかってしまうケースもあります。そのため、不用品回収業者に頼む場合はしっかりと調査の上、お願いするようにしましょう。

メリット

・一番安く住む可能性がある

・家まで来てくれて楽

・引越や買い替えなどがない場合でも使える

・不用品処分の幅が広い(他のものも一緒に処分できる)

デメリット

・トラブルの可能性が一番高い(トラブルになった場合のリスク大)

思わぬ金額の請求、不法投棄による逮捕、搬出時の壁破損等の保証を逃げられるなど

・トラブル回避のために調べないといけない

白物家電を売るには?


次は白物家電を売る方法です。こちらもメリット・デメリット様々ありますので、自分にあった方法を見つけましょう!

ヤフオクで売る


個人がネットで売るサイトとしては鉄板ですね。最近は他にもメルカリやフリルなど、個人で簡単に販売ができるサイトが増えていますがまだまだヤフオクが圧倒的に1番かと思います。取扱可能なジャンルも、登録者数も多いため、1番使いやすいかと思います。リサイクルショップと違って買い手さえいれば年式の制限等もないため、かなり古いものでも動けば値段がついたりします。2000年製の洗濯機が3000円で売れたりすることもあるので夢はあると思います。白物家電の場合だと動作不良品は流石に厳しそうです。工夫しないと送料が高くなるため売れないというケースもありますので、引取限定等工夫してみましょう。

メリット

・高く売る期待値が一番高い

・年式などの制限がない

・販売できるジャンルが広い

デメリット

・売れる時期がわからない(ずっと売れ残る可能性もある)

・発送などの手配を全て自分で行わなければならない

・お客さんとのトラブルは自己責任

・基本は動作品のみ(買い手がいれば一応売れるが白物家電は厳しい)

リサイクルショップに持っていく


物を売ると言えばリサイクルショップです。大型の家電の取扱をしているリサイクルショップを調べて持っていってみましょう。持込の場合は取扱不可になった場合持って買えるのが大変なため、電話で取扱できるかどうか確認してから行くのをおすすめします。冷蔵庫や洗濯機などの白物家電は6.7年落ちくらいが買取可能ラインと言われています。お店によっては5年以内というところもあるのでしっかりと調べましょう。大型のファミリー向けのようなものは多少古くてもお値段付きやすく、一人暮らし用の小型のものは3年で対象外になったりと、少々厳しかったりもします。

メリット

・ヤフオクほどではないが値段がつく

・発送等の販売手続きは必要なく、持っていくだけで良い

デメリット

・年式が古かったり、動作不良があると取り扱ってもらえないことがある。

・持っていくのが面倒(近くに無いと持っていけない)

リサイクルショップの出張買取を使う


最近では大型家電を出張買取してくれるリサイクルショップも増えており、持っていく必要すらありません。家まで来て査定、買取、搬出まですべてやってくれます。当社比になりますが買取金額も持込と殆ど変わらないと思います。年式の制限はありますが、当店では10年落ちくらいまで値段をつけて買い取っておりますので、1店舗に年式が理由に断られたとしても諦めずに他社に相談してみましょう。しかしながら、中にはかなり強引に押し買いを行う業者もおり、売るつもりのないものまで売ってしまうケースもありますので、業者選びは慎重に行いましょう。

メリット

・家まで来てくれて買い取ってくれる

・持込と遜色ない買取金額がつく

デメリット

・古すぎたり壊れてたりすると取り扱ってもらえないことがある

・出張買取範囲内のリサイクルショップがない場合利用できない

・悪徳業者の存在

まとめ

いかがでしたでしょうか?販売ができる状態の商品であれば、売ってしまった方がお得ですね。よっぽど時間に余裕が無い場合はしょうがないですが、まずは商品の状態を確認して、可能であればヤフオクやリサイクルショップを利用して無駄なお金を省きましょう。簡単に纏めておきますので参考にしてみてください。

・商品が故障している場合

販売はかなり難しいです。捨てる方向で検討しましょう。車と時間に余裕がある方は自分で捨てるのが良いでしょう。信頼の置ける不用品回収業者がいればそちらにお願いしても良いでしょう。

・年式が10年以上前のもの

時間に余裕があればヤフオクに出して見ましょう。リサイクルショップによっては無料で回収してくれる場合もあるのでヤフオク煮出すことができない人は相談してみて下さい。見つからない場合は捨てる方向で検討しましょう。

・年式が10-7年落ちのもの

取り扱ってくれるリサイクルショップが増えます。7年までが区切りのお店が多いため断られることもあるかもしれませんがどうしてもお金を使いたくない人は根気強く探しましょう。

・年式が6年落ち以内のもの

リサイクルショップが数件ある所に住んでいる方なら買い取ってくれるお店が見つかると思います。数件に相見積もりをとってみて、一番高い所に売ってみるのもいいでしょう。

 

必ずしもこのとおりとは行きませんが、だいたいこんな感じになります。参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*