【社会問題】引越難民ってなに?原因は?解決策はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!引越とリサイクルの良品企画ブログ担当森田です!

皆さん【引越難民】って知ってますか?○○難民ってよく聞くと思うんですが、これからの3、4月で、引越難民が続出しています。

これってなんなんでしょうか?今回はこの引越難民について詳しく解説したいと思います!

今まさに引越難民となってしまってる方以外も、自分の引越になって引越難民にならないためにも知識として持っておいたほうがよいかもしれませんよ。

 

引越難民ってなに?


引越難民とは簡単に言ってしまえば、引越したいのに引越ができない人のことです。

「引越業者に引越の希望日程を伝えた所、その日程ではできないと断られてしまった。」と言う人たちが続出しており、大きな問題となっております。

 

引越難民の原因は?

<

こんな状況になってしまったのはなんででしょうか?

そもそもこれからの3,4月は一年で最も引越の多いシーズンとなります。そのため去年以前も引越業者は混雑しており、「値段が高くなる」「希望の日程にあう業者が見つかりにくい」等有りましたが、ここまでの人が引越できない状況にはなっておりませんでした。

今年だけこんなに引越難民が増えてしまった大きな原因は、運送業者による、人員の流出によるものかと思っております。

去年ヤマト運輸が、230億円もの社員の残業代未払い分を支払ったニュースは記憶に新しいでしょう。これと同時期に人不足を解消するため、ヤマト運輸と佐川急便が運賃の値上げと従業員の待遇見直しを上げて求人を行ったため、引越業者が大量に運送会社に流出してしまい、ただでさえ人手不足の引越業者が更に不足してしまっている状況になっております。


運送会社と同じように給料を上げて大々的に求人を出せば引越難民問題は解決するかもしれません。しかしながらもうシーズンに突入しようかという段階となっているため、少なくとも今年の3、4月は十分に人員を確保するのは難しいでしょう。

もともと慢性的に人手不足な業界でもありますし、大手企業が殆どを占めている運送業者と違って引越業者は小さな会社であることも少なくありません。閑散期と繁忙期の差が激しいことも相まって、臨時のバイト等で募集をする他無く、簡単に十分な人材を確保するのが難しい業界とも言えるでしょう。

自分が引越しする頃には落ち着いてるだろうと楽観的になっていると、いざ自分の番になって困ることになるかもしれませんよ?

 

解決策はあるの?今困っている人へ


今まさに引越難民となってしまい、困っている方にはどんな方法があるのでしょうか?何とかして引っ越さないといけない、でも引越業者に断られてしまった…。そんな人に試してみてほしいのがこちらです。

 

・引越時期をずらす

これからのシーズンは一年で一番引越の多いシーズンです。閑散期に比べて圧倒的に引越の件数も多く、スケジュールが取りにくい、料金も割高となっております。

そのため可能であれば引越は5月以降にしてしまったほうが得策です。

もちろん引越には転勤や入学などが伴っていることが多く、今でないとダメだと言う人がほとんどでしょう。だからこそ3、4月は混雑するのです。

日程を自由に選べる方は閑散期での引越しをおすすめします。料金も安くなりますし、スケジュールも融通がききやすいでしょう。

 

・たくさんの引越業者に見積を出す

2、3件の引越業者に断られただけで諦めている人はいませんか?引越業者と聞いて会社を何個思い浮かべられますか?普通の人は4、5個くらいじゃないかと思います。実際あなたの町に来てくれる引越業者はその数十倍あるんです。

もちろん都内と地方では差がありますが、それでもたくさんの引越業者がしのぎを削り合っています。

数件電話して断られただけで諦めるのでは無く、多くの引越し業者に見積を出してもらいましょう。できれば評判の良い所にやってもらいたいと思うのは当然ですが引越ができなければ新生活をスタートすることもできません。まずはやってくれるところを探すのが先決でしょう。

同時に最大10社から見積もりが届く引越し見積もりサイトなども有りますので、こちらを利用すると楽でしょう。


また、そうは言っても最低限ちゃんとしててほしいという方はこちらの口コミサイトがおすすめです。実際に引越をした方の口コミをみて、参考にすることが可能です。

 

・自分で引越する

どうしても引越業者が見つからない場合、自分で引越するのが最終手段となるでしょう。しかしながら普段から物を運ぶのに慣れていないと、引越は結構しんどい作業となります。

大型の家電もらくらく運べるし、中型のトラックもバリバリ運転できるよ!という方は一旦置いておいて、普段そういったことをしない人目線で自分での引越をする際の注意点を上げていきたいと思います。

■荷物はできるだけ減らそう

大型の家具家電を運ぶのは想像するより結構辛い作業です。ぐらついて壁に傷をつけてしまったりするといやですよね。エレベーターがないアパートだと地獄です。そもそも1人でやってて体力が尽きてしまったらどうしようもありません。出張買取のリサイクルショップや処分屋さんなどをうまく利用して、荷物を減らしましょう。一人で引越をする場合、大型の商品は引越先で買い替えてしまうのがおすすめです。

■運送会社を使うのも手段の一つ

処分していった結果荷物がダンボールだけになったという方は、運送会社でダンボールを送ってしまって体一つで引越してしまうのもおすすめです。

車の手配等も必要ありませんし、運送会社は家まで集荷に来てくれます。物が壊れてしまわないように梱包はしっかりとしておきましょう。梱包ができない大型商品は運送料金が非常に高くなったり、集荷をしてもらえなかったりするためおすすめできません。

■車は大きめのものを

結構荷物減ったし見た感じ乗用車に積めるな。と油断してしまわないようにしましょう。四角く運びやすい段ボール箱はともかく、外に出ている商品は幅を取りやすく結果的に何往復もしなければならなくなってしまうかもしれません。レンタカーなどを借りる場合はハイエースのような荷物の積みやすいバンタイプのものを借りましょう。

 

とはいえ個人的に運ぶ荷物が多くなればなるほど個人での引越はおすすめできません。レンタカーを借りたり、友達に手伝ってもらってご飯を奢ったり…としているとある程度の出費はかさみますし、その上で時間がかかって疲れます。ある程度の荷物がある場合は引越し業者に依頼することをおすすめします。

 

引越難民にならないために


前述の通り、引越難民の問題は今シーズンに限った話で終わらない可能性もあります。

引越をすることができないというのは、特に遠距離引越の場合非常に困ったことになりがちで、学校や会社のための引越であればことさらでしょう。

引越難民にならないためにはどのような対策をすればよいのでしょうか?

 

・とにかく早めに予約する

引越が決まった段階でとにかく早めに見積を出してしまい、予約しましょう。引越の予約は早い者勝ちですので、「まあこのくらい前に連絡すればいいだろう」などと考えず、予定が決まったらすぐに予約を取りましょう。

これは確実に予約を取ることができるだけではなく、料金が安くなったりもします。実際に全く同じ条件で予約した日がちがうだけで料金が倍以上になるケースも有りますので、とにかく早めに予約をとるのが吉です。

 

・閑散期に引越する

引越の件数は繁忙期に集中しており、逆に言えば閑散期の引越業者は結構暇です。そのため閑散期に引越が可能であればまず引越難民にはならないでしょう。

また、「・とにかく早めに予約する」と同じように料金を安くすることにもつながります。閑散期と繁忙期で料金が3倍以上違うケースも有りますので、時期を選べるのであれば閑散期での引越がおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今引越難民になってしまっている人も、来年あたり引越を考えている人も、参考にしていただければ幸いです。何事も早め早めに行動することが大切ですね。

実際「明日中にやってくれ!」ってほど急でなければ、頑張って当たればやってくれるところは見つかるのかな。とは思っています。逆に言えばそこまで急にならないよう余裕をもって相談しましょうね。と言う話でした。引越業者がかなり人手不足で予約が取りづらくなっているのも事実なので、記憶の片隅にでも置いておくと良いかもしれません。

実際当店も引越業務で大忙しですがまだまだ行けます!お見積のご連絡お待ちしております。

 

↓お見積はこちらから↓


↓当店の引越システムについてはこちら↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*